読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんずdays

どんな日々も、未来への素材。

初おこづかい♪

生きる

 

中学生になる長男に

4月からおこづかいを渡すことにしました!

 

f:id:gine36:20170324213507j:image

 

金額は

2人で協議して決めました。

一年生のうちは1000円です。

 

中学生のおこづかいって

相場いくらくらいなんだろう?

 

分かんないけど

私と長男で合点した金額なので

ヨシとします(^^)

 

 

これから毎月

自分のお給料から

子供におこづかいをあげる。

 

なんだか

楽しみです!

 

 

 


にほんブログ村

広告を非表示にする

子供の教育費

 

先日,長男が小学校を卒業し,

ひとつひとつ段階を踏むごとに

子供の教育費について思うようになりました。

 

f:id:gine36:20170322180945j:image

インフルエンザで療養中の時の写真。

猫と日向ぼっこw

 

 

この子たちは

どんな道を進むんだろう。

どんなレールを築いて行くのかな。

 

そう思うとワクワクするのと同時に

 

私はどこまで面倒みてあげられるかな,と

不安になるのも事実です。

 

「大学に行くと総額で○○千万円かかります!」

とかいう,煽るような文章も

よく目にしますよね。

 

・・・少子化の時代に

大学だって客(生徒)が少なくなれば

経営が破綻すると思うので

万人ウケしない金額設定は

ナンセンスになっていくと思うのですが私。

 

 

さて 

 

公務員で

私の倍以上の年収がある元夫 

は,

 

養育費こそ毎月振り込んできていますが,

その他の出費に関しては

頑として支払をしません。

 

最近だと,

長男の制服代等,学用品に関わるもの。

 

10万近くかかったので「半額払え」と

代理人を通して伝えてもらったものの

完全シカトされています。

 

調停調書には

「養育費の他,費用がかかるものについては

 別途協議する」

と記載があるのに。

 

 

こういうのって

我慢するしかないんですかね。

 

 

こんな調子だと

これから先,子供たちに

万単位でどんどんお金がかかるであろうに

 

不安は募る一方です。

 

 

 

 

長男は今のところ,欲も野望もなく,

特別目指している職業や夢もなく(多分),

成績も中の上を無難に渡り,

家での時間をとにかく大切にする子です。

 

次男は欲と野望はそれなりに持っており

テストの点数は気分で変わり(笑),

突然どんな夢を語り出すか分からない

リスクは完全度外視な子です。

 

 

「身の丈にあった生活」

しかできないし

「身の丈にあった進学」しか

させてあげられないかもしれないけど

 

彼らにどんな将来が待っていたとしても

「どんな状況にあっても

    一生懸命やることが大切」だと

伝えたいし,

 

それは

私自身が常に心がけたいこと

でもあります。

 

 

突然「医者になりたい!!」って言われたら

そりゃもう本当に困っちゃうけど

 

お金が無いから,という理由で

すぐに夢を断ち切ったりせず

 

頑張る子供達と

応援する私は

向きあって,話し合って,

納得ができるまで話し合って,

 

私は離れたところから

彼らと同じ方向を向いて

 

将来に向かう彼らを

全力で応援したいと思っています。

 

それでもし,

本当にお金が足りなくて,必要で,

子供たちが本気だったのなら

 

子供たちから直接,

彼らの父親に掛け合ってみたらいいと

思ってもいます。

 

精神的には苦痛ですが

そのためにも

面会日はこれからも絶対に設け続けます。

 

 

 

 

春休みの長男は

毎日のんびりしてるみたい。

 

いい過ごし方だなぁ〜。

 

 


にほんブログ村

広告を非表示にする

お昼ご飯を食べる場所

生きる

 

今日の私のお弁当。

f:id:gine36:20170322073955j:image

 

大したもんは入ってませんが

お弁当を開くと

我ながらホッとします。

 

f:id:gine36:20170322074023j:image

 

玄米の上に乗っているのは

大根の葉で作ったふりかけ。

しらす,ごま,ごま油,酒,塩。

 

サツマイモは

ちょっぴりバターで

焼きました。

 

 

 

お昼休みは

ひとりになりたい。

 

今,

近くの公園で食べてるけど

 

寒い…

 

どこか

持参弁当を食べられる室内

ないかな。

 

…ないか。

 

 


にほんブログ村

広告を非表示にする

温かいきもち

生きる

 

先日の卒業式。

まだ保菌していたかもしれない私達。

 

前日に学校の先生から

「大丈夫ですよね!卒業式には

   是非 来てくださいね^_^」

とお電話を頂いてはいたものの

 

本当に行っていいのかな…

という気持ちが拭えずにいました。

 

ですが

 

学校に行ったら

たくさんの友達が

 

「来れたの?よかったねぇ〜!!」

 

と,

まるで

自分のことのように喜んでくれて

 

みんな本当に優しくて

静かにずっと心配してくれたんだなぁ

と思うと

 

感激してしまいました。

 

 

 

動けなくてダウンしているときも

 

手作りのお料理や

パン,果物,ヨーグルトなどを

たくさん持ってきてくれたお友達がいたり

 

精神的に寄り添ってくれる

お友達がいたり

 

 

私は本当に恵まれていて

 

今住んでいるこの場所が

本当に好きだなぁと

じんわりじんわり思っています。

 

私の体調も

昨日からやっと本調子。

 

今日から仕事復帰です!

 

 f:id:gine36:20170321082018j:image

 

朝ごはんも再開。

 

無事卒業した長男は春休みなので

お弁当作りも始まりました。

 

気合い入れて

頑張ります!

 

 


にほんブログ村

広告を非表示にする

最高に嬉しい時間

良質なモノ・コト

 

コロンビア・ピコクリストバル

というお豆だそうです。

 

f:id:gine36:20170320153327j:image

 

バレンタインに

ほんの少し贈り物をしたら

 

ご自身で焙煎してくださった

コーヒー豆を

お返しで頂きました。

 

焙煎してくださった「時間」を思うと

恐縮してしまうと同時に

とっても有難いなぁと

心が温かくなりました。

 

f:id:gine36:20170320153531j:image

 

煎りたて

挽きたての豆は

まるで生きているように

呼吸をくり返します。

 

ピコクリストバルは

香りがとても特徴があるように

思いました。

 

甘くて,酸味が少なくて

とっても好み!

 

しかも

焙煎の具合が最高で

香りをしっかりと

味わうことができました。

 

 

f:id:gine36:20170320153611j:image

 

インフルエンザが完治したら

食べよう!

と思っていた

トリプルショコラと一緒に。

 

コーヒーの香りが

「美味しい」と思えるのが

私のニュートラル。

 

やっと完治だ…

長かったなぁ(TT)

 

 

 


にほんブログ村

広告を非表示にする

祈りって届くんだと思った日。

生きる

 

まさかの

 

卒業式。

 

 f:id:gine36:20170317220005j:image

 

 

昨日の夕方まで絶望的だったのに

 

学校から電話があって

 

「明日,是非参加してください^_^」

 

 

って。

 

 

もう絶対無理だと思ってたから

喜びもひとしおで

 

この電話の時点で

私はギャン泣き。

 

決断をして下さった先生方に

本当に感謝です。

 

 

参列してみて

やっぱり参列してよかった,と

思わせてくれる式でした。

 

一人一人に役割があって

 

責任感の強い長男は

その役割を果たせないかもしれない,

という思いと

葛藤していたのだろうなぁと

思いました。

 

担任の先生と。

 f:id:gine36:20170317220432j:image

 

予定していたレストランにも

ランチで行きましたが

 

お店からは

こんなに素敵なサプライズが。

f:id:gine36:20170317210951j:image

 

これはもう本当に

思いがけないお祝いで

 

普段、感情を顔に出さない長男が

このプレートを見たときは

 

目をまんまるにして

 

ちょーかわいかったです!

 

 

肝心のみんなの体調は

やっぱり私だけまだトホホな感じ。

 

散々休んでしまいましたが

この三連休で

普段の生活を取り戻すところまで

必ず回復します!

 

 

 


にほんブログ村

広告を非表示にする

行かせてあげたい卒業式

生きる

 

月曜日に早退した日から

何も変わっていない

長男の机の風景。

f:id:gine36:20170315235637j:image

 

長男の熱が

上がってきてしまいました。

 

卒業式への参列は

絶望的です。

 

それでも彼は

泣きたいはずなのに泣かない。

堪える。

 

泣けばいいのに…

泣いてほしい。

子供の頃の私にそっくり。

 

 

そんな姿を見てるこっちが

もう耐えきれずに

泣いてしまう。

 

 

私は子供達のためなら

どんな試練でも受けて立つけど

子供達への試練はもう

与えないで神様。

 

彼らはこんなに頑張って

耐えて

悲しい時も笑うように

生きているのに。

 

 ちっぽけなことかも

しれないけど

 

この子にとっては

みんなで参加する 

大切な行事だった。

 

今できる精一杯を

尽くします。

 

 


にほんブログ村

広告を非表示にする