なんずdays

どんな日々も、未来への素材。

本番を終えて。【Op.52】

 

師事しているピアノの先生の

発表会に参加致しました。

 

f:id:gine36:20170911182633j:image

 

一年半に一度の発表会。

参加するのは4回目です。

 

ショパン作曲,バラード4番を

弾きました。

 

…っていうこの二行を書くまでの日々は

思っていた以上に大変でした。

 

平日は練習ができない。

でも弾かなくちゃ。

 

その心境で過ごす毎日は

親子ともにストレスフルで

 

本番当日の舞台袖に居てもなお

「弾けもしないのに

    何故エントリーしてしまったんだろう」

という気持ちがなくなることは

ありませんでした。

 

だからかもしれませんが,

弾き終わってから舞台袖で

涙が溢れてきた本番も今回が初めてでした。

 

解放感。安堵感。達成感。

言葉にできない色々な感情を

抑えることができませんでした。

 

 

この曲は

取り組み始めて3年経っており

 

その間に私たち家族の環境は

大きく変わりました。

 

変わらなかったのは

『私はショパンのバラード4番を弾いている』

という事実。

 

これまでの時間に感謝して

ステージでは大切に弾こう,と

心がけました。

 

実際にステージに立つと

忘れかけていたこの『非日常的』な空間に

体中が張り詰めましたが

 

今もなお憧れている先輩に

「呟くように。コーダはがむしゃらに」

という,総括アドヴァイスを

本番2日前に頂けたことは

最強の出来事でした。

 

ステージで乱れかける精神を

ピッと整えてくれる,まるで,

魔法のような一文。

経験した方だからこそのアドヴァイスは

瞬時に深く刻まれます。

 

本番を終えて

先生の演奏を舞台袖で聴きながら

 

次の曲を思い描いている自分がいました。

 

これからも出来る限り

続けていきたいです。

 

 


にほんブログ村

広告を非表示にする