なんずdays

どんな日々も、未来への素材。

八分目

 

夜,疲れすぎて

あられもない姿でくたばっていたら

 

次男が

「ママ。自分の限界だと思う一歩手前で

 やめていいんだよ。」

 

って優しく言ってくれた。

 

 

その言葉に私が驚いていたら

 

長男が

 

「なんでも八分目がちょうどいいね」

 

って。

 

 

なにこの子たち。(;ω;)

 

やっぱり

私の遺伝子だけでできている生命では無い。

なんて柔軟なんだろう。

 

 

しわ寄せが嫌で

力を抜くことができない私。

 

子供たちの前で

時々号泣することもある私。

 

君たちは決して

私のような大人にはならないで。

 

自分をしっかり持って,

自分でレールを作ってね。

 

 

 

最初

「ママ,限界だと思うところの先まで行ってごらん。あ,ちがう,」

って言われて,ビビった。


にほんブログ村

 

 

広告を非表示にする