なんずdays

どんな日々も、未来への素材。

本に泣く。

 

気になっていた本があり、

図書館のウェブサイトで検索して

予約をしていました。

 

手にして、めくった途端、 

飛び込んできた活字に泣いてしまった。

不覚。

 

f:id:gine36:20180411181836j:image

 

読み進めるうちに

身に覚えのあることや

後悔すること、

大丈夫だったんだ!と、ホッとすること、

そしてまた涙することが

たくさん書かれていて

 

本当に本当につらい、と思う

その理由の根っこのところまで掘ってくれる

温かくて厳しい本でした。

 

f:id:gine36:20180412131647j:image

シングルマザー、シングルファザーはもちろんですが、

この本にも書かれている

「実質シングル」の方々にも

おすすめします。

 

離婚する前の私にも

読ませてあげたかった。

 

広告を非表示にする