なんずdays

どんな日々も、未来への素材。

日常を過ごせるだけで恵まれている。

 

私は事務員として働いていますが

 

直属の上司は

「人のハードルを上げて,

 その人が転ぶところを見て笑うような人」

です。

 

人の不幸が楽しくて仕方ないらしい。

  

「なんで採用されたんだろう?」

と思うほど

嫌なことをたくさん言われます。

イジめるために採用したのかな?

 

でも実は
採用された時の喜びを思えば


屁でもないです。笑

 

学生時代にイジメに遭っていて

免疫もあるし,

何と言っても

離婚により相当鍛えられたっぽくて

 

上げられたハードルで転ばされても

大抵そんなに痛くないです。笑

 

 

それでも時々

ものすごく悔しい気持ちになることはあります。

 

そんな時は

 

泣かない。

嬉しくて仕方ない時と

悲しくて仕方ない時以外は

泣かない。(by宇宙兄弟

 

 f:id:gine36:20170531125202j:image

↑ デスクマットに入れてある心の支え。 

 

この絵を見ればへっちゃら。

 

  

昔の私なら

上げられたハードルはぶっ壊してたし

 

「なんで私がこんな目に!」と

息巻いていたけど,

 

 

子供たちと生きるため,

もう,スルーします。笑

 

 

話を聞いてくれる先輩も居るし

「おかえりー!」って言ってくれる

子供達もいるし

 

仕事があることの有り難さを忘れずに

 

嫌な上司はうまーく交わして

これからも頑張ります。

 

 

 

 


にほんブログ村

広告を非表示にする