読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんずdays

どんな日々も、未来への素材。

歯の矯正

 

次男は歯の矯正をしています。

 

乳歯のときからかみ合わせが逆で

それはそれで

かわいかったのですが←

 

永久歯になってからも

それは直らず

 

完全な受け口になっており,

歯並びもがちゃがちゃでした。

 

 

矯正を始めて2年。

先日やっと,上の歯の器具が取れました。

 

f:id:gine36:20170330212333j:image

 

矯正の料金についても

元夫は一銭も出してはくれません。

 

でも,

自然に並んだ次男の歯をみて,

あ~本当に,やってあげてよかった!

と思いました。

 

実は私自身も

大人になってから矯正をしました。

全部終わった時,

「お金かかったけど,やってよかった~」と

思いました。今も思っています。

 

大きな口をあけて笑ったり

写真写りを気にせずニカッと笑えたり

食べ物がはさまりにくくなったり

それによって虫歯になりにくくなったり

良いことずくめ。

 

お世話になっている歯科の先生は

多分,私の両親と同世代か,

ちょっと若いくらい。

 

人間の「体」本来の働きを大切にするよう,

インパクトのあるお話を聞かせてくれる

とても魅力的な先生です。

 

矯正をしよう!と決めてから

この先生にお会いできるまで

3軒の歯科をまわりました。

 

抜いたり削ったりせず,

その人がもともと持っているものを

最大限に活かして

「自然」な矯正をしてくれる先生。

 

虫歯の治療をお願いしても

 

「この段階で治療すると,

    歯を大きく削らなくちゃいけないから,

    僕はやらない。笑」

「これ以上,虫歯を大きくしないように

    きちんと磨きなさい。」

 

という診断をされることがほとんどです。笑

 

親知らずが3本生えている私は

「矯正のときは抜かれるだろうなぁ」

と,当然のように覚悟していたのですが

 

「抜かないよ。

 あなたのものだから大事にしなさい。」

 

と言われ,

なんかこう,

 

自分のものには責任を持ちなさい,

自分のものは大事にしなさい,

と言われているような気持ちになり

 

「持ち物」や「体」を

粗末にしている自分に気付かされることが

たくさんありました。

 

 

自分も子供もお世話になって

親身になってくださって

 

時には厳しく

為になる話も聞かせてくれて

 

「歯の矯正」という入口から

この先生にお会いできて

本当によかったなぁと思います。

 

 

 


にほんブログ村

広告を非表示にする