読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんずdays

どんな日々も、未来への素材。

たまに会うオジサン

生きる

 

面会日はいつも

憂鬱でした。

 

こっちは子供達と一緒に生きて

感謝どころかウザがられるようになっている

というのに

 

面会日だけ子供達に会う元夫は

いいとこ取りで

子供達の人気者。

 

女をつくり

家庭を捨てて

自由になって

 

それでも子供達に愛されて

 

ほんっとに

いいご身分だな

 

 

面会日はイライラして

 

無事に帰ってきてくれますようにと

ソワソワしていましたが

 

ある友人が

 

「会った時だけ

    食べたいものをたらふくご馳走してくれて

    欲しいものを買ってくれるなんて

 

    たまに会うオジさんだな。

 

 

と言ってくれたことが

私の心に

落ち着きをもたらしてくれました。

 

私には弟がいるので

子供達にとって

たまに会うオジさんは実在しますがw,

 

元夫は

彼らにとっては父親だけど

私にとっては

「ただのオジさん」であり「シッター」。

 

と思えるようになって

 

今回は半年ぶりに

美容院に行ってきました。

 

胸まであった髪を

バッサリ。

 

f:id:gine36:20161223172854j:image

 

嬉しそうに帰ってきた子供達は

ポケモンのサンとムーンを

それぞれ買ってもらい

 

f:id:gine36:20161223173522j:image

 

楽しそうです。

 

たまに会うオジさんから

「君たちに会いたい」

と,子供達に言ってくれたことは

一度もありません。

 

いつも子供達から

「パパと遊びたい」と

連絡しています。

 

子供達を見捨てて

勝手な人生を選んだ男。

 

やっぱり今でも

ひどい人だなぁと思わずにはいられませんが

 

面会日は私なりに

リフレッシュする一日にしようと

思います。

 

 


にほんブログ村

広告を非表示にする