なんずdays

どんな日々も、未来への素材。

次男の優しさ

昨夜,お風呂に入る前に

ネコと遊んでいたら

 

ふとした拍子にネコの爪が

私の指に引っかかり

乾いていた私の指はサクッと切れて

流血してしまいました。

 

うげー!いてーーー!!

 

って思っていたら

 

次男がすぐさま

ティッシュとゲンタシン(消毒軟膏です)と

絆創膏を持ってきてくれました。

 

私はうれしくて,そりゃもう本当に嬉しくて

すぐに彼を抱きしめ,

 

「ありがとう。

 お風呂から上がったら絆創膏貼るね」

 

と言って,お風呂に入りました。

 

 

いつもの流れだと,

私がお風呂の間に,彼らはもう布団の中で

寝てるはずなのですが

 

昨夜は私がお風呂からあがっても

次男は起きていて,

 

「まだ起きてたの?」

 

と声をかけたら

 

彼は,布団の中に

ゲンタシンと絆創膏を隠し持っていて

 

f:id:gine36:20161118125928j:image

 

私の指に貼ってくれました。

 

私はもう,ケガをしていたことすら

お風呂の間に忘れていたのに。

 

いつも,誰よりも早く寝る次男が

この為だけに起きていました。

 

患部に薬をやさしく塗ってくれて

絆創膏を貼って

 

保健の先生みたいな仕草でした。

 

 

私一人だったら

こんな気持ちになることはなかった。

 

 

幸せをかみしめました。 

 


にほんブログ村

広告を非表示にする