なんずdays

どんな日々も、未来への素材。

年に1度の病院

 

私の長男は

生まれつき心臓の心室に穴が空いている

心室中隔欠損症」です。

 

初めての出産で

翌日に赤ちゃんだけ大学病院に救急転送。

もう12年も前の話だというのに

あの時の気持ちを思い出すと

未だに涙が出てきます。

 

幸い穴も小さく(今は3ミリくらい),

逆流などもなく

普段の生活には何の規制もありません。

 

その穴が塞がる子は

3歳くらいで塞がるようで

私の長男の場合、塞がる見込みは

残念ながらなさそうです。

 

その症状の経過観察で

今も年に一回だけ

大学付属病院に通っています。

 

 

実はこの「年に一回の大学病院の日」が

私はとっても楽しみです。

 

キレイになった大学病院には

オシャレなカフェまで出来ちゃって

 

長男とこっそり

待ち時間にお茶しちゃうこのひと時が

スリル満点。

 

「今年の検査も大丈夫だったね」

  って言いながら

 

f:id:gine36:20161014211929j:image

コーヒー飲んだり

ケーキ食べたり…

 

少し前までは長男に罪悪感があり

「ダメだよ、学校行かなくちゃ」って

私が長男にたしなめられていたのですが

 

ここ3年くらいは

「内緒だね…(*¯艸¯)」

って言いながらお茶しちゃう長男が

かわいいったらほんとにもう。

 

 

美味しかった♡

 

また来年だ。

 

 

 

広告を非表示にする